睡眠と不眠の情報館TOP > 睡眠と安眠の秘訣とは? > 睡眠のツボを押すと眠れる?

睡眠のツボは安眠に効果的?

 
睡眠のツボは、安眠・快眠に効果があるとして紹介されています。

たとえば不眠症の人は耳の後ろにある安眠のツボが、がちがちに凝っているそうです。あなたはどうですか?耳の後ろに乳様突起という膨らんだ骨がありますが、その下あたりです。人差し指でマッサージしてみましょう。痛いほどおすと逆効果なので、気持ちいいと感じる程度がいいでしょう。

睡眠のツボは手のひらにもあります。
労宮というつぼです。これは頭脳線の中央部で、親指で上に向かって押すと、ズーンと響くような痛みを感じる部分があります。指を折り曲げたとき、中指と人差し指のすき間の部分です。ここには全身の疲労が集まっているそうです。「労」は疲労、「宮」は集まるの意味。睡眠と不眠風にいえば、このツボには全身の疲労物質が集まっていて、押すと睡眠物質に変換されていく、というイメージでしょうか。

睡眠のツボは手の甲側にもあります。
ここは合谷のツボ。人差し指と親指の骨が合流する部分です。そのやや人差し指寄りの骨のくぼみが合谷なのです。ここを上から押すのではなく、骨の下に親指をもぐりこませるようにして、指圧するとよいのです。ボールペンの後ろのような突起物を使うと、刺激しやすいようです。

睡眠のツボとしては、足裏全体もよく効く場所です。
かかとの失眠、中央よりやや上の湧泉。こういったところをすりこ木でもんでもいいですし、青竹などの突起物を踏んで刺激してもいいでしょう。足裏には自律神経が集中しているので、ここを刺激すると過度な交感神経を抑え、副交感神経が優位になってくると考えられます。

さらに足の親指は、頭部に通じているので、ここを刺激すると安眠に効果的です。一説には脳下垂体を刺激することになるので、ホルモン分泌が調整されるそうです。親指の下の付け根の刺激は、首や肩の凝りをほぐすことができます。つまり親指は、人の頭と首をそのまま縮小したような形になっているわけですね。ウォーキングのさい、親指を意識して歩くと、夜に寝付きやすくなるかもしれません。

 


そのほか睡眠のツボとして、意外かもしれませんが、眼精疲労を取るツボをご紹介しておきましょう。パソコンやゲーム機などで目を酷使したあとは、そのままだと布団に入ってからも、目の筋肉は緊張したまま。目と脳はつながっているので、目の疲労を取ることは深い眠りと無関係ではないはずです。

そこで、目の周辺の血行をよくするつぼをご紹介します。
それは、こめかみにある太陽のツボです。目尻とまゆ尻の中間部より、やや耳寄りにあります。ここに骨がくぼんた箇所があるはずです。ここを両方同時に人差し指で指圧します。親指で指圧してもいいでしょう。すべって目に入らないように、指圧の力加減に注意します。まわして押すと、力の方向が分散されるので安全です。このツボを押すだけで、近視、老眼、眼病、目の疲れすべての対策になります。これも快眠・睡眠のツボとして、ぜひレパートリーに加えてください。
不眠を解消するための秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら